2007年6月23日 (土曜日)

連休4日目 のもぴーモデリングライブ

NOMOKENNOMOKEN2
プラモデルを作るモデラーにとっての入門書であり、上級参考書にもなるバイブル「NOMOKEN」の著者でプロモデラーの野本憲一さんのライブイベントに新宿まで行ってきました。

それにしても何回歩いても、歌舞伎町の怪しさと、人の多さには参ります。
人に酔ってしまうんですよね。。。。

30分ほど前に到着し、時間をつぶして開場を待ちました。
前売り特典の高級筆セットちなみに今回のイベント、ホビージャパンで知って、前売り券をサイトから購入しました。
当日券よりも前売りの方が500円高く、2500円だったのですが、おまけがつくよ、とのことだったので、購入。
後日送られてきたチケットには、4200円の高級筆セットがついていました。
おぉ。

あまりいい筆持っていないので、これはかなりうれしい特典でした。
てか、2500円のチケット買って4200円の筆セットなら、大黒字じゃないですか。

こんなかぶりつきで見られましたノモケンの手元が後ろのスクリーンに映し出されます

やがて開場時間が近づいてくると、行列をチケットの通し番号順に並びなおしてました。
僕の通し番号は11番なので、かなり前の方。
しかも何人かは来ていないようでしたので、7,8番目くらいです。
前の方の人たちは僕のように1人できている人もいれば、友人と連れ立ってきている人たちもいました。

入場。

席は自由席のようでした。
ステージ前のかぶりつき席は、1人がけのテーブルが基本だったので、すんなりとそこを陣取ることができました。
まさに真正面。
こりゃいい。

このイベントだけのための特別メニューまぁ、ただの柿ピーでした
バーをかねているそうで、ドリンクの注文を促されました。
どーしようかなぁ?と迷った結果、あまりお金も持っていないのでビールにしときました。

席の前には、今夜限りの限定メニューということで、のもぴーにかけたメニューが3種類ほど用意されていました。
のもぴーなっつを注文。

出てきたのは柿ピーでした。
お店の人の話では、柿ピーは柿ピーでも、ノモケンの出身「新潟」にちなんで、亀田製菓の柿ピーだそうです・・・・う〜ん。。

スコープドッグのランナーとニッパー切り終わり
前説の後、ノモケンが登場し、自己紹介後、今回の作例スコープドックを作り始めました。
パーツの数が多いので、見ている人に、パーツを切り出して欲しい、との声がかかり、希望者を募りました。
せっかく来たんだから、と手を上げて、ニッパーを受け取り、配られたランナーからパーツを切り出しました。
前を見ると、大画面にノモケンの手元が映しだされ、実際の作業のポイントや注意点が説明されました。
1ランナーだけだったので、すぐに終わってしまいましたが、実際に作業ができて楽しかったです。

ライブは実に4時間にわたり行われました。
素組みでもものすごく時間がかかってしまったため、途中で3分間クッキング方式で、完成品を出して作業を進めたりもしました。
ただ、実際にパーツを改造していたりするのを見られたのは、ほんの少しだけだったのが残念です。
次回があれば、もっとじっくりとその辺を見せてくれるとうれしいなぁ、というのが本音。

抽選会で当たったペイントベース最後に抽選会が行われました。
1ドリンクを頼んでライブを見ていましたが、ドリンクやフードを追加注文すると1品につき1枚の抽選券がもらえる、という仕組みになっており、僕はビールを1杯とのもぴーなっつを追加しているので、2枚抽選チケットをもらっていました。

その結果、ペイントベースをゲット!
これ、1つ買って使っていますが、非常に使い勝手がいいんですよ。
んで、もう1つ買おうと思っていたところだったので、ナイスタイミング!
結構高いんですよ。1600円くらいするんじゃなかったかなぁ・・・?

ま、何はともあれ、無事にライブは終了し、満足気分で新宿を後にしたのでした。

帰宅すると、そのままシャワーを浴び、着替えてスタンバイしていた相方と一緒に家を出ました。

そう、明日と明後日は那須旅行なのです。
ただ、当日の朝出るのは好きではないので、いつも夜のうちに出発。
現地で車中睡眠で朝を待つことにしています。

さぁ、行ってみよー!

この記事と関連ありそうなエントリー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.t-hoso.net/mt/mt-tb.cgi/1040

コメントする

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム