2009年9月 6日 (日曜日)

【連休13日目】授かるということ

「こいつ、いつまで会社休んでんの?ってか、ほんとはクビになったんじゃねーの?」って思い始めている人も多いと思います。

実は、今日が最終日です。

んで、この連休最終日に、人生においての、とっても貴重な経験をしてきました。

───────────

昨夜、相方の体調が変化し、「おしるし」がありました。
そう、実は相方、妊娠中でした。

そしてまもなく陣痛が始まりました。
本来の出産予定日が8月の31日だったので、いつきてもおかしくない状態だったんですね。
ってか、今日無ければ、月曜日から強制的に入院ってはずでした。

てっきり、陣痛ってのは、はじめは1時間に1回くらいってのが何回か続いて、その後に30分に1回→15分に1回、って感じで進んでいくものだと思っていました。
そしたら、うちの場合、ほぼいきなり5分に1回の間隔に・・・

ただ、痛みが微弱なので、これで陣痛って呼んでいいのかわからず、念のため、病院へ電話。
すぐに来てくれ、とのことでしたので、荷物一式をもって産婦人科へ。

病院に着く頃には、痛みも増してきており、かなりつらそうな相方。

さっそく検査をすると、どうやら子宮口が1cmくらいしか開いていないので、別室で様子を見ましょう、ということになりました。
部屋に入り、相方の長い長い夜が始まりました。

痛みは計ったように5分に1回やってきます。
しかも、どんどん痛みは増すばかり。

明け方になることには、痛みの波が来ている場合は、まともに会話もできないような状態でした。

こんな時、男は無力ですね。
ただ、看護士さんに習ったとおり、腰をさすってあげることくらいしかできません。

2時間おきくらいに、ベイベの心音を調べ、子宮口の開き具合を見ます。
朝になるころには、なんとか3cmくらいは開いている状態に(最終的には10cmくらいあかなきゃいけない)。

ここで、一度僕は家に帰り、1時間だけ仮眠を取って病院に戻りました。
この間も相方は、ひたすら陣痛に耐えています。

5分に1回の間隔での激痛。
僕も5分に1回の腰さすり。
腕パンパンになるまで、さすりましたよ。それくらいしかできないので。。。

時間は刻々とたち、夕方。
子宮口の開きが6cmから進まないことが判明。
陣痛も、一度は3分に1度のペースまでになったものの、5分に1回に戻ってしまっています。

痛みに耐えている相方に、してやれることがほとんどなく、ただただ、腰をさすったり、おしりを押したり、していました。
医師から教えられた呼吸法を使って、1回1回の激痛に必死で耐えている相方を見て、だんだんいたたまれなくなってきました。
もう、やめてあげてください、って何度も言いたくなりました。どうしようもないんですけどね・・・
傍で見ていると、本当に辛い時間です。

ここで、病院側からの提案。
陣痛促進剤を使ってみないか?と。

相方のこの苦しさが1分でも早く終わるなら、それに越したことはない、ってことでお願いすることにしました。

ただ、これも問題が発生。
促進剤を投与すれば、たしかに陣痛が頻繁に起こるようになるのですが、母体の方が痛みに萎縮してしまい、その影響でベイベの心音が弱くなっていきます。

こりゃまずい、ってことで、陣痛に20時間耐えた本日18時、医師の判断で、帝王切開を提案されました。

相方は、この時点でかなり衰弱してしまっているので、これ以上辛い思いをさせたくない、という思いから帝王切開をお願いしました。

立会い出産だったのですが、帝王切開の瞬間には立ち会うことができず、僕は部屋で待機になりました。
僕からの電話を受けて心配した実家の両親が病室で待っていました。

30分ほど経ったところで、父は夜勤の仕事があるため、出勤していきました。
母は、残ってくれましたが、面会時間の20時までしかいられない、とのこと。

待つこと1時間(19時)。
母が部屋を出て、トイレに行こうとすると、バタバタっと戻ってきて「産まれてるよ!」と。

廊下に出てみると、看護士さんがベイベを抱えて立って待ってくれていました。

はじめての我が子との対面。
なんか不思議。

元気に泣いてました。
抱っこさせてくれました。
目がパチクリと開いて、僕の顔を覗き込みます。
産まれたばかりの赤ん坊は目が見えない、ときいていますが、しっかり目が合うんですよね。
不思議。

サイズは3400gオーバーの男の子。
このサイズだと、普通分娩では、どちらにせよ厳しかったですねー、との先生のお言葉。
じゃあ、もうちょっと早めに帝王切開にしてあげたかったな、という気がしましたが、まぁ結果論ですね。

ややあって、相方が病室に戻ってきました。
緊張がとけたためか、全身がブルブル痙攣したようにふるえています。
ただ、それ以外は、元気そうで、ちゃんと会話もできました。

それほど会話をしないうちに面会時間の終わりが来てしまいました。
僕もしっかり20時で追い出されてしまったので、もうちょっとそばにいてあげたかったのですが、断念。

母を車に乗せて、携帯が繋がらない父のために、父の職場を経由して、誕生報告をしてから、実家に母を送り、帰宅しました。

今、ひとりで祝杯をあげながら、このブログを書いています。

いやぁ、本当に女性はすごいなぁ、と。
そして、男は、出産の時は、本当に役に立てないな、と。

なんにしても、母子ともに無事だったのが、本当によかったです。
ホッとしたら、眠くなってきたので、今日はこれくらいにして眠ります。

明日から、仕事だーーー、果たして社会復帰できるのか!?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.t-hoso.net/mt/mt-tb.cgi/1967

コメント(13)

おめでとうございます!
それにしても大変な経験ですね。お疲れ様でした。
(特に相方さんの方が。。)


こういう文章ってお子さんが小学生にでもなってから
読んだらどう思うんでしょう。
お節介ですが、そんなこと考えてしまいました。

お子さん誕生、おめでとう!!
3400とは!立派な赤ちゃんだね
奥様、物凄く頑張ったんだなぁ・・・と文面で伝わってきました。

確かに、男性は出産時には役に立たない存在かも知れないけれど(爆)
心強い存在ではあると思う。腕がパンパンになるほど、hosoだって頑張ったんだもの・・・ホントにお疲れ様でした。

赤ちゃんのいる生活、ペースを掴むまで色々と大変だけど、沢山沢山楽しんでください♪

おめでとー!おめでとー!

って...
何時の間にパパに...(≧m≦)

私も微弱陣痛が長かったタイプ
自分でタクシー呼んで
一人で病院行来ました。(二人とも)
子宮口を柔らかくする注射を打ったら、本格的な陣痛が来て、そこからはすんなりと...

まぁ
家の場合は2690gと2300gと小さかったからね。

出産も大仕事だけど
母としてはこれからの方が大変かもね。

hosoさんはきっと良いパパになるんだろうなぁ〜
羨ましいな...

しばらくは寝不足の日々が続くかもしれないけど、頑張ってねー!

おめでとう^^
これから子供に誇れる立派な父親目指してね!
しかし母子共に無事でよかった。
俺はまだ失業保険貰いながら無職生活エンジョイしてるから、暇な時は連絡してくれ。
いつでもそっち行けるぞ(笑
俺の方が社会復帰できなさそうだけどな^^;

NOKKYさん

ありがとうございます!

いやー、ほんと出産を体験すると自分の親に感謝する、と聞きましたが、そうですよ。
傍で見ている僕が親に感謝しましたもん(笑

なので、読めるようになったら、ぜひ読んでもらいたいですねー。

NOKKYさんも来るべき日には、ぜひ立会い出産オススメしますよ。

minako

ありがとう!
うん、相方大変そうだった。

世の中のお母さんになっている人たちは、みんなスゴイな、って心から思いましたよ。
minakoもお母さんだもんね、すんごいことだよね。

立会い出産すると、夫は妻を今まで以上に尊敬するようになるよ、って言われてたんだけど、ほんとだね。

寝不足は、大変そうだけど、ちょっと楽しみ。
もともと宵っ張りな方なので、睡眠時間は今とあんまり変わらないかも(笑

ゆかにゃんさん

ありがとうございます!
ゆかにゃんさんも2児の母ですもんね。

あの経験を2回も・・・ほんと頭が下がります。

たしかに産まれてからが大変だよー、ときいてます・・・
でも、ゆかにゃんさんのお子さんの様子とか日記で読んでると、「あぁ、早くしゃべったり走ったりしないかなぁ」なんて思ってます。

むむぅ・・・やっぱり寝不足になるんですね。。。
このコメント欄だけで2人の母に言われてしまった・・・間違いないんだろうなぁ・・・
がむばります。

せき

ありがとーー!
いや、ほんと母子無事でよかったよ。
途中、ほんとハラハラだったんだ。

おろ?怪我は大丈夫なん?
おー、来てよー。
我が子の姿を見に来てよー。

社会復帰。。
2週間でも、かなり辛かったから、大変だぜーー(笑

遅くなってしまいましたが〜
御生誕おめでとうございますっ!!!
私もあの無力な時間を過ごしたことのある者なので
自分の時を思い出しました。

女の方は強いですよね〜!
流石「母」

三人で早く楽しい生活を〜♪しばらく忙しいですがw

猫熊1号さん

ありがとうございます!
おぉ、猫熊1号さんも立ち会ったのですね。。
ほんと、母は強いですよねぇ。
今日病院いったら、普通に動き回って、子供抱いてましたからね。
まだお腹パックリ切れてるのに。。すげぇっす。

あぁあ!やっぱり、忙しいんですね。
経験者のみんながもれなく、そういうってことは、ほぼ例外なく大変なんですよね・・・

でも、まぁ、そうやって僕たちも「親」になっていくのかなぁ?と思っているので、がんばりまっす!

遅くなりましたが、おめでとうございます!!
小学校低学年になると、生まれた時のことを調べる授業があるのですが、この出産レポートをお子さんが読んだら、とても感動すると思います−!!
これから大変なのは、やはりママ。どうぞ奥様をお大事になさって下さいませ〜♪

sanachinさん

ありがとうございます!

ふむふむ、小学校ではそんな授業をするんですか。
なかなかいい授業ですね。

ほんと、出産は話で聞くのと、実際に体験するのでは、かなり違います。

入院中の今から、いろいろ●●指導ってのを1日中受けているみたいで、すでに大変そうですが、これからもっともっと大変になるんですよねぇ・・・

がんばりますです!

こんにちは。
t-hosoの相方です。

お祝いメッセージやねぎらい、激励のお言葉、すごく嬉しかったです。
ありがとうございます!

t-hosoは物欲仲間が増えた気でいるようですが、そうならないように育てたいと思います(笑)。

コメントする

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム