2010年10月 5日 (火曜日)

【日記】パソコンインストラクターが思うこと

t-hosoはパソコンのインストラクターです。

会社のパソコンとかネットワーク管理したり、プログラム組んだり、システム組んだりしてますが、メインの業務はパソコンの先生です。

そんなパソコンの先生が、講習をしていて感じる「受講のマナー」というものがあります。
なんやかんや思うところがあるので、一度吐き出しておこうと思います。

インストラクターをしていて、ガッカリというか悲しくなってしまう事があります。

羅列すると、
1.受講中、ほとんど寝ている
2.携帯をいじる
3.操作案内と関係ない作業をする
の3つです。

1.受講中、ほとんど寝ている

これはもう、論外といいますか…
まぁ、「講習の進め方が悪い」と言われればそれまでなんですけど、講習が始まると同時に寝てしまう人もいたり…
何をしに来たんだろう?と思ってしまいます。

中でもたちが悪いのが、こちらが解説をしている間だけ眠って、作業が始まると起きるタイプ。
インストラクターは、常に難しい講習内容をどうやって解説したらわかりやすくなるか?というのを日頃から研究して工夫して話をしています。

言わば、インストラクター的に一番聞いて欲しいところなんです。
そこだけ狙って寝られると、インストラクターとしての自分自身を全否定されたような気分になっちゃいます。

2.携帯をいじる

これは本人は悪気はないのかもしれませんが、かなりインストラクター的には不快です。
大体、隠れてやっている場合もあるんですが、教壇から各席は丸見えです。

講習の開始時に「講習中の携帯使用は控えてもらい、必要であれば、教室から出て使って下さい」と案内していますが…
統計的に遅刻してくる人ほど、この現象が顕著です。
遅刻したために、初めの注意点を聞いてないんですね…でも、わかろうよ。それくらい。

プライベートでも、とても不快感を感じるのが、映画の上映中とかコンサートの最中に携帯を見ている人。
まわりが暗いだけに、ものすごく気になるんですよね・・・
ほんと、携帯電話のモラルは年年低下している気がします。自分がやられたら…と考えてみてください。

3.操作案内と関係ない作業をする

これはですね・・・ちょっと扱いが難しいパターンでして・・・
初心者向けの授業の序盤に目立つタイプなんですけど、ある程度独学でアプリケーションを触ったことがあると、初心者向けの内容は聞いてもムダと言わんばかりに、テキストを自分で見て勝手に先の作業をやっちゃうんです。
「俺は、まわりの奴らとは違うんだ、ある程度できるんだぜ」というアピールに見えます。
インストラクターから見ると、かなり“痛々しい”行為です。なんかかえって哀れに見えます。

スクールに学びに来ているんですから、知っている内容でも、もう一度自分の知識を棚卸するつもりで、真摯に聞いた方がスキルアップにつながると思いますよ。


・・・とまぁ、いろいろ書いたわけですが(なんかグチになっちゃいましたね・・・すみません)、結局インストラクターの喜びは「授業、すごくわかりやすかったです!」と言ってもらえることなんですよね。
なので、今後もわかりやすい授業を目指して、がんばりたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.t-hoso.net/mt/mt-tb.cgi/2417

コメント(2)

私はパソコン系の専門学校に行っているんですが、
何もせずに話だけ聞いているとつい、うとうとしちゃうんですよね…
特に昼ごはん食べた後とかは←

ごめんなさい(笑)

けれど、それ以外はちゃんとしていますよ。
当り前の話ですけどね(^^;)

daemaさん

うーーん・・・まぁ、昼食の後は・・・ね。
一応、そのあたりは計算に入れているので、昼食後は、基本的に手を動かしてもらう内容を中心に構成しています。

ここであげたのは、午前中の授業開始と同時に寝ちゃう人ですね。

専門学校とかで1年とか2年間通う場合は取り返しも付くと思うんですけど、うちのスクールは短い人は2日で完結する超短期集中講座が中心のスクールなので・・・

コメントする

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム