2013年6月13日 (木曜日)

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その5

これまでのエントリー

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その0
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その1
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その2
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その3
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その4

今日は休みだったので、ガッツリと進めてみました。

本体の状態

脚部の幅増しと主翼の曲げ加工は、どちらも片方しかしてなかったので、もう片方を加工しました。

前回の反省を踏まえ、主翼は切り欠きの部分にあらかじめプラ板を接着しておいてから曲げてみました。

プラ板かませてみました

結果、変なゆがみが出ることなく、きれいに曲がりました。

キレイに曲がりました

これで裏のパテは少なくてよさそうです。

副翼をどうしようかなぁ、と考えていたのですが、結局1/144のキットから流用することに。

ってことで、結局1/144のキットも購入。結果的に4コイチの改造になりそうです。
※最近、1/144は増産かけてないんですね。意外とどこも売り切れで...Amazonのマーケットプレイスで購入しましたが、送料を入れると定価をちょっとオーバーしちゃいました。。。とほほ。

▼バックパック

バックパック本体は、各キットのものを検討した結果、サイズ的にSDゼロカスのものがしっくりくるので、こいつを採用。
肉抜き穴があったのでパテで埋め。

バックパックと翼の接続

主翼をつなげるジョイントアームは1/144キットから。ポリキャップをコトブキヤのものに変更しています。

主翼が重たくて、ポーズの保持が難しいので、なにか補助パーツ的なものを考えないといけないかも...

▼胸部

首のダブルボールジョイントの加工だけでは、やっぱり顎が引ききれないので、思い切って胸部の上面を切り抜いてみました。

胸部を切り抜き

内部が見えるので真鍮パイプとステンパイプを使って、ちょっとしたディテールを追加しています。

これにより、顎を引く感じは完ぺきです。

顎を引く動作は完ぺき

上腕。肉抜き穴があるのでパテで埋めました。

肉抜きの埋め

また、アーム外側にある赤い小羽根を1/144から移植。無加工でもいけそうなので、このまま取り付けます。

▼アンテナ

プラ板で延長してシャープ化。

アンテナシャープ化

裏に肉抜きがあるんですよね。。埋めるかどうか迷い中。

あとは頭部側面のパーツ裏がぽっかり開いてたので、はじめはパテで埋めようかと思ったんですが、それだと面白くないので、エバーグリーンのクラップボードを切り出してディテールアップすることにしました。

頭部側面裏のディテールアップ

とまぁ、現在はこんな感じです。

今日現在の状況

この後の一番の大仕事は主翼につける小羽根の作成。数がかなりあるのと、ジョイントがないので、どうやってくっつけようかなー?という悩みが...うーむ

この記事と関連ありそうなエントリー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.t-hoso.net/mt/mt-tb.cgi/3446

コメントする

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム