2013年8月 6日 (火曜日)

【ガンダム】SDガンダムフォース アクション合金

アクション合金シリーズ

今日は、明日誕生日を迎える相方のためにケーキを作りました。

和風ケーキにしようと、ベースは緑茶ケーキ(これはおいしくできました)、上に寒天を使った金魚が泳ぐ錦玉羹を作って乗せたのですが、透明になるはずの寒天が白く濁るわ、金魚を作るための練り切りも緩すぎてきちんと成形できないわ、天然色素の赤と黄色を使ったものの、金魚のキレイな朱色が再現できないわ、底面に砂利に見立てたゆであずきを敷いたせいか、割れまくりまして...

とてもじゃないけど、写真がアップできるような代物にならず...

さらに、寒天+グラニュー糖がメインな和菓子なので、ゼリーだと思ってかじりついたロンの手が止まり、2口ほどで「もういらない...ごちそうさまでした...これおいしくない」と......orz

相方は気を使って「おいしいよ、だいじょうぶ」と食べてくれましたが、自分が納得いかず...次回は、寒天とゼリーで、みんながおいしいと思えるデザートを作ろうと思います...くっ。

というわけで、アップできる写真もないので、おもちゃネタでも...(激汗

SDガンダムフォースものです。

SDガンダムフォースは2004年の1月~12月にわたって放映された番組ですが、実はその前年の2003年にアメリカで先行放映されました。
ターゲットは海外だったようです。

タイミングだったのか、プロモーションだったのか、日本国内での人気がイマイチ振るわずに終わってしまったため(最高視聴率3.2%、最低視聴率1.0%、平均視聴率2.1%/wikipediaより)、商品化されたものが少ないのです。

また主要商品だったのが、バンダイのプラモデルシリーズと、可動に重点を置いた完成フィギュアSDフレクションシリーズ(超合金みたいなもん)の2つでした。

が、プラモデルは安価シリーズだったため、モデルとしての完成度は、まぁ推して知るべしな感じで、SDフレクションも、シリーズ初期に出た主要キャラたちが、アニメーションのデザインとくらべるとかなりの「コレジャナイ」感があったため、不振に終わってしまいます。

そのため、結構重要キャラなのに商品化されていないものがあったり、国内では発売されずアメリカや韓国でのみ発売されたキャラクターも...

そういうのを集めようとすると、結構なお金が......

というわけで、現在は当時の定価以内で買えるものを中心で集めています。発売当時なら人気がなくて半額処分とかたくさんあったんだろうなぁ...。

んで、その当時にバンプレストから、UFOキャッチャーの商品としてリリースされたのが「アクション合金」シリーズみたいです。

レビューサイトでは、SDフレクションは、ちらほら見かけるものの、このアクション合金シリーズは、なかなかみかけません。

オークションの値段もバラつきがあるものの、入札されているのはあまり見かけません。

そこで試しに3つセットが1000円で出品されているものに入札したら、あっさりそのまま落札。

先日、手元に届きました。

アクション合金

んで、見た感想。。。「いいじゃん!」

造形がかなり◎です。

数日前にSDフレクションのゼロを見ているせいかもしれませんが、かなり造形がいいです。ちょっと角度によってはイマイチなところもありますが...

あとは可動具合ですが、こちらは後日開封して確かめようと思います。

ちなみに、この3種がVol.1で、Vol.2が存在するのですが、そちらはほとんど市場に出回りません。なんでだろ?

・・・最近、開封待ちのTOYが増えてきたなぁ。。。サイト全体のデザイン見直しもしたいので、そこでまとめて...って感じにしたいんですけど、休みの日はロンとガッツリ遊ぶと昼間の時間帯がNGになり、夜も疲れ果ててロンと一緒に眠る、という感じで......

むぅ、気合入れねばっ、PC買ったんだしっ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.t-hoso.net/mt/mt-tb.cgi/3503

コメントする

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム