2013年12月22日 (日曜日)

【TOUMA】ジャンプフェスタ2014に行ってきました その2

ジャンプフェスタ2014

その1からの続きです。

いよいよ開場!

バンダイは入り口から一番遠くのホールなので、大移動となりますが、危険防止のために走ることができません。

ところどころにスタッフとか警備員が配置されて、走り防止は徹底的。

開場したてだからガラガラ

なので、なるべく早歩きの徒歩で、バンダイブースを目指します。

到着。一瞬、どこでプレゼントを受けるのかわからず、混乱していると、後続の人たちが並んでいく場所が見えたので、ついていきました。

今回バンダイガシャポンブースでは、

  1. 黒子のバスケ スイング 限定カラーバージョン
  2. ドラゴンボール UDM 限定カラーバージョン
  3. マオキャット×ワンピース 限定カラーバージョン

がもらえます。

まぁ、せっかくなので全部いただきたい、と思っているわけですが、最近の『黒子のバスケ』人気が異常なのと、一番獲得に時間がかかりそうなので、迷わず黒子の待機列へ。

黒子のバスケ整理券

私が列についた時点で7,8番手くらい?

まさか4時に並んで先頭を取れないとは...すごいなぁ。

ここでは、モーションキャプチャーを使ったゲームをするんですけど、わざわざ待機列から見えるようになっています。

後続の人に「あぁ、これから自分はこういうゲームをするんだな」とわかるのでいいですが、やっている方からすれば、とんだ羞恥プレイです。

恥ずかしいなーと思いながらゲームをして、なんとか黒子ゲット。

黒子のバスケスイング限定版

が、これ、一人一人が結構時間がかかり、モーションキャプチャーの反応が悪いと、下手すれば一人2,3分の時間がかかることもあるので、最後の方の人は大変だろうなぁ、と。

黒子をゲットした後は、ドラゴンボールへ。

ドラゴンボールUDM限定版

こちらは、タブレット端末でのアンケートをこたえると、限定版のガシャが回せる感じです。

行ったときに、ちょうど端末が1つ開いていたので、待ち時間ゼロで行けました。

そして、いよいよマオキャットです。

こんな感じで筐体が並んでおります。

マオキャットガシャ筐体たち

私が行ったときに、ちょうど回そうとしている人たちがいたので、邪魔にならないように、隣の筐体でサクッと3回まわし、交換コーナーへ。

マオキャットガシャ限定版 交換所

マオキャットガシャは、ブース内で回したマオキャットガシャに入っているミニブック3つと交換なので、中からミニブックを取り出さなくちゃいけないんですけど、結構カプセルを開封するのが大変なので、スタッフの人が手伝ってくれます。

無事に限定マオをゲット。

限定版ガシャ

会場に来られないファン仲間のために「友人に頼まれている分も追加で買えばもらえますか?」と聞いてみましたがNGとのこと。

結構、このあたりの1人1限は、しっかりしていました。。。ごめん、みんな。

んで、ガシャポンブースを後にし、さぁ、どうすっか、と。

スクエニブースの前を通りかかると、今ならドラゴンクエストモンスターズの試遊が待ち時間なしで、できます!と。

スクエニブース

事前情報では、試遊だけなので、スルーしようかなーと思っていたんですけど、試遊すれば、ポストカードセットがもらえる!と知り、ノコノコと中へ。

遊んでみましたが、おもしろいっすなー。ドラクエ8を思い出す世界観。

そして、人がめちゃくちゃ入り乱れているジョジョドームへ。

ジョジョドーム

みんな紙袋を次々にもらっています。かなり列の流れが速いので、こりゃいけるかな?と並んでみたら1,2分ほどでゲットすることができました。

さらに、ぷよぷよの試遊をすると、大きな風船ヨーヨーがもらえるってことで、あまり得意なゲームではないですが、ロンのお土産にもらってきました。

この時点で、それなりに時間が経っていたので、会場をあとにすることに。

会場を後にしました

出口付近に、いろいろチラシが置いてあったので、ジョジョ関連を中心にもらってきました。

「ここを出ると再入場はできません」とアナウンスされるとちょっと不安に駆られますが、まぁ、目的は果たしたし、と、まだガラガラの出口を出て、車に戻りました。

車に荷物をおろし、着込んでいた服も少し脱いで軽くして身軽になったところで、今日の次の目的地へ。

その3へ続きます。

戦利品の紹介も後半で。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.t-hoso.net/mt/mt-tb.cgi/3667

コメントする

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム