2014年8月10日 (日曜日)

【ドラクエ】スーパーHGフィギュア シドー レビュー

シドー

さて、昨日のゼロカスタムに続き、こちらも交換品が届いておりますので、改めてレビューしていこうと思います。

スーパーHGフィギュア シドー

パッケージから。

パッケージ前面

こちらもりゅうおうと同様に、中身が見える窓付きの箱になっています。

箱の上面には爪あとを模したのぞき窓。

上部は爪痕ののぞき窓

箱から取出したブリスター
しっかりと梱包されています。

ブリスター

組み立て前の部品はこんな感じ。

組み立て前

組み立ててみました。

組み立て後

空中浮遊しているシドーを表現しているため、全体の高さがかなりあります。

りゅうおうと比べてみるとこんな感じです。本体サイズは同じくらいですが、浮遊している分、全高はシドーのほうが高いですね。

りゅうおうとの比較画像

ちなみに、シドーは背面の穴に金属棒を差し込んで浮遊を実現しています。

背面の接続部

が、この金属棒が一本ってのが、結構ネックで、一応、金属棒に滑り止めはついているものの、シドーの上半身がそれなりの重量を持っているため、少しの振動で、クルッと回転してしまうのです。

くるっと回ってしまう

うーーん、だから発売前レビューの写真はシドーが傾いている写真が多かったのか...

ここは、金属棒の差し込み部分を四角形にするか、棒を2本挿す形にすれば解決するのになぁ、と思うと残念なポイントです。

そして、発売前にはかなり賛否が分かれていたカラーリング。

シドーのカラーリングは、登場するシリーズにより、少しずつ色が変わっており、グリーンとブルー(水色?)の2色があります。

ボディのカラーはグリーン

今回のフィギュアはグリーン。

もともと、ドラクエ2といえばファミコンだろー!という私にとっては、グリーンがしっくり来るんですけど、そうじゃない人も多いみたいですね。

確かにソフビでは水色で、このカラーリングもシドーらしいといえばシドーらしいし。。。うーむ

ソフビのシドー

今回も塗装はかなり細かく、特に目立ったはみ出しもありません。

キレイな塗装

体の下部が地面の照り返しを受けている塗装表現になっています。立体感が強調されていい感じですね。

胴体下部は照り返しを意識したグラデ塗装

翼は一応可動です。が、くるくる回転するだけで、前後の羽ばたきを表現できるわけではありませんので、あまり変えることはなさそうですかね。。

翼は一応可動

とまぁ、いろいろと書きましたが、前回のりゅうおう同様、個人的には大満足の出来でした。

シドー全体像

ネットでは早くも半額以下になっていますが......(号泣

あーー、この調子ではゾーマは出ないですかねぇ...ロトシリーズは3部作だから、ゾーマまでがんばってもらいたいところですが、私自身が「次は半額になってから買うぞ!」と思っている時点で、きっと出ないでしょうねぇ(苦笑

まぁ、ハイクオリティなフィギュアを棚に飾れる幸せは十分に堪能できそうですので、買ってよかった、という結論にしておきます!

この記事と関連ありそうなエントリー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.t-hoso.net/mt/mt-tb.cgi/3923

コメントする

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム