2016年10月22日 (土曜日)

【日記】ロンのかけっこ特訓

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

ロンとtype-Cさん

今日はずっと家族で楽しみにしていた日。

Twitterで友達になってくれたtype-cさんが奥様と遊びに来てくれる日です。

春の小学校の運動会でびりっけつだったロン。

幼稚園の時からかけっこは苦手。親から見ていても走り方が変。

そこで現役で陸上をやっているType-Cさんにコーチをお願いしたところ快諾していただいたのでした。

お昼少し前にType-Cさんご夫妻到着。

Type-Cさんとロンは初対面ではなく、2年前に一度お会いしています。奥様とは初対面。

が、子供にとっての2年前は大昔。もうかなり忘れてしまっているはず。それにもかからず一瞬で打ち解けるロンとお二人。

子供に好かれる人はみんな人間的に素敵な人なんだと思ってます(だからといって子供に好かれない=悪人というわけではないです)

この2人・・・素敵!

少し家の中でお茶を飲んでもらってからさっそく外に出て走りの練習。

「まずは1回走ってみて」とType-Cさん。

ロンのバタバタした走りを1度見て「うん、だいたいわかった」と。えぇ!もう?

一緒にまずは手をぶらぶら前後に動かす練習。力を抜いて左右の腕を前後にぶらぶら揺らします。

それを見ている私たちに奥様が詳しい解説をしてくれます。

やたら詳しいなー、と思っていたら後から奥様はかつて東京都の大会で1位になっているすごいお方でした。

習ったポイントは2つ。

  • 腕には力を入れすぎず大きくぶらぶら前後に振る
  • 常に前の上方を見て走ること

子供でも覚えられるようになるべくシンプルに、そしてわかりやすく説明してくれているのがわかりました。すごい。

そんなすごい2人のコーチが、飽きっぽいロンを上手に乗せてほんの20分ほど練習しただけでフォームが見違えるようにきれいになってきました。

かけっこの特訓中

そうしているうちにバーベキューの準備ができたので、一度お昼ご飯を食べることに。

焼き鳥と焼きマシュマロを食べてすぐに満腹になったロン。私たちが食べている間に自転車に乗って遊び始めました。

...と、途中で歩きながら大号泣して戻ってきたロン。

ありゃりゃ、コケたかな?と近づいてみると、なんと血まみれの指に何かを持っている。。

ん?とよく見ると歯でした。

ありゃ?と口の中を見てみると、これまた血まみれ。

すぐに家に入れてうがいをさせました。

改めてみていると、前歯がない。。。

すでに1本は生え変わりの時期で抜けていたのですが、その残った1本の上前歯が今回転んだ表紙に抜けたようです。

数回のうがいで血は止まったので、少し休ませることに。

ここでロンのテンションが一気にダウン。家で横になっているうちに眠ってしまいました。

ロンが寝ている間、大人たちで食事しながら談笑。

少し冷えてきたので、家に戻ることにしました。その物音でロンが目を覚ましましたが、「耳が痛い」と訴えだしました。

しばらく様子を見ていましたが、痛い、痛いと泣き出してしまうので相方が病院に連れて行くことに。

待っている間、ご夫妻にはドラクエコレクションなどを見ていただきまして、子育てに重要な情報もいろいろ教えてもらいました。

意外と早く相方とロンが帰宅。中耳炎と診断され、今回の怪我とは因果関係はないとのことでした。

みんなでホッと一安心。

すでに外は暗くなってしまったので、ここでお開き。

このころにはロンも痛み止めが聞いてきたらしくて元気に。

「走りたい!」と言い出してましたが、さすがに暗かったのと出血が怖かったのでやめさせておきました。

Type-C夫妻には、本当に申し訳ない感じになっちゃいましたが、お二人とも笑って「大事にならなくて良かった」と言ってくれました。

本当に泣けてくるくらいいい夫婦なんですよ。ありがとうございます。

次はガンプラ合宿しましょうねー!と約束しました。ロンもその時までに、今日習った走り方をマスターするように約束。

トラブルはあったけど、本当に楽しい一日でした!!

Type-Cさん、そして奥様。本当にありがとうございました。

今回のに懲りずにぜひぜひまた遊んでくださいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.t-hoso.net/mt/mt-tb.cgi/4552

コメントする

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム