アルセーヌ・ルパン

| コメント(0) | トラックバック(0)

学生の頃に夢中になって読んでいたモーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズ。
当時読んでいたハードカバーの本は訳がよくて、ものすごく雰囲気が出ていました。

その後、自分で買った文庫版、訳がひどくて、すごく落胆したんです。
そんで「文庫はだめだ」っておもっていたのですが、昨年末にやった仲間内の忘年会でプレゼント交換用に買ったルパンシリーズの文庫で、今までの誤解を払拭。
結局出版社しだいであたりもはずれもあることを知りました。

最近、やっと自分でも買いなおして読みふけっています。
一度は読んでるんですけど、やっぱり引き込まれるルパンワールド。
面白いなぁ。
今は行き帰りの電車+出勤前の喫茶店+昼休みで読んでます。

みなさんもどうですか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://thoso.m19.coreserver.jp/mt/mt-tb.cgi/3647

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、t-hosoが2005年5月17日 22:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時間外労働100時間突破」です。

次のブログ記事は「テキスト5・6冊目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。