SD ウイングゼロカスタムの最近のブログ記事

2013年10月26日 (土曜日)

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その9(完成)

ゼロカスタム完成

これまでのエントリー

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その0
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その1
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その2
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その3
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その4
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その5
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その6
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その7
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その8

本塗装が終わり、毎日ちょっとずつスミイレも行い、あとはトップコートだけ、というところまで来ていました。ゼロカスタム。

そこへ台風がやってきまして、なかなか仕上げができずにいました。

が!やっとその台風が通り過ぎました。

まだ地面は濡れているものの、家の湿度計では十分に乾燥しており、体感的にも湿気は感じなかったので、トップコートを決行することに。

いつもは缶スプレーでプシューと行くのですが、たいてい厚塗りになるので、今回は紙コップに出して、シンナーで希釈したものをエアブラシで吹き付けました。

結果、かなりいい感じに仕上がりましたよっ、今度からトップコートはこの方法でやろう。。

乾燥してたので、白いカブリは起きませんでしたが、エアブラシにつけている水抜きのミニフィルターは数回水がいっぱいまで溜まりました。やっぱりそれなりに湿気があったんですかねぇ

まぁ、なんとかすべてのトップコートを吹き終えて、乾燥後、組み立てまで行いました。

あまりグリグリポーズを変えることは想定していないので、一番取りたかったポーズで撮影。

これで完成だぁー、長かったー

細かいところ見ると、工作は粗いですけど、まぁ、ご愛嬌。

ゼロカスタム

ゼロカスタム

ちなみに本体はこんな感じです。

本体写真

キットのままだと脚がかなり細く感じたので、プラ版挟み込みで幅増ししてあります。

顎を引けるように切り抜いちゃいました

キットのままでは、ほとんどアゴが引けないので、思い切って、胸元を切り抜いちゃいました。

内部が寂しい感じでしたので、真鍮パイプとアルミメッキパイプでディテールらしきものを追加しています。

ゼロカスタム

胸部ゼロシステム部分は、キットを削り取ってしまい、昔ユザワヤで買っておいた手芸用のクリスタルビーズを利用しています。

プラパイプで、ゴールドのフチをつけてあります。

ゼロカスタム

耳パーツの裏。

肉抜き穴らしきものが開いていたのですが、ここはパテ埋めではなく、エバーグリーンのクラップボードでディテール追加にしました。

ゼロカスタム

足首には、コトブキヤのHIPS関節(球形)を仕込みました。これで、だいぶ足首が下を向くようになってくれました。

ただ、思い切り見える箇所ですので、塗装をして、中心にモデラーズのニューメタルックを貼って、金属感を出してみました。

ゼロカスタム

マニピュレーターには、ビルダーズパーツHD 1/144 MSハンド01(連邦系)を使用しています。

ゼロカスタム

カラーレシピです。

白...ファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)

青...ブルーパープル(フィニッシャーズ)+ファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)

赤...レッド(クレオス)+クールホワイト(クレオス)

グレー...ブラック(クレオス)+クールホワイト(クレオス)

黄色...イエロー(クレオス)+レッド(クレオス)+クールホワイト(クレオス)

2013年10月17日 (木曜日)

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その8

サフェーサー入ってます

これまでのエントリー

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その0
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その1
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その2
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その3
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その4
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その5
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その6
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その7

今日はシフトで休みです!

外は台風一過の快晴!

そして、相方は用事があって午前から夕方まで都内へ。

ロンは朝から夕方まで幼稚園。

これはチャンス!

ってことで、ロンを見送ってから、部屋に引っ込み、ひたすらガンプラの塗装。

昨夜のうちに少し作業をしていたので、その続き。

色の検討。今回はブルーの色に迷っていて、ゼロカスタムのブルーってかなり濃いんですよね。

もう紺色って言ってもいいくらいに。

なんですけど、自分の好みとしては、もうちょっと明るくて、かつ少し赤みの入った、すみれ色みたいなブルーが好きなんです。

んで、どうしたもんか、と迷ってたんですけど、ならカラーチップ作ろうかね、と。

試したのは3パターン。

ブルーの検討

左から、「フィニッシャーズのブルーパープル+ファンデーションホワイト」「ガイアノーツのコバルトブルー」「フィニッシャーズのブルーパープル」

気が付けば夕方

好みとしては、一番左なので、これに決定!

あとは、ひたすらロンの乗る幼稚園バスが到着する寸前まで、ひたすら塗装してました。気が付けば夕方...

おかげで、だいたいの塗りが終わりまして、あとは細かい塗りわけ部分と、スミ入れ、トップコート、といった感じです。

ふぅ、次の週末くらいには、なんとか終わりが見えるところまで持っていきたいなぁ。

2013年10月13日 (日曜日)

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その7

ゼロカスタム

これまでのエントリー

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その0
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その1
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その2
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その3
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その4
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その5
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その6

またまた前回のアップから時間がたちまくりです。

サフェーサーが入りました

えーと、その間にも何もしてなかったわけではないのですが、かなり地味な作業の繰り返しで、アップするほどのネタがなかった、というのが正直なところです。

主に、主翼と格闘していました。小羽根をプラ板から削り出して作ったのはいいんですけど、3mmプラ板だと、切るのがめちゃくちゃしんどいので、1mmプラ版を3~4枚ずつ重ねて接着し、それを削り出していました。

削り出しはおおむね、うまくいったんですけど、その後、熱湯で曲げる工程で、一週間は乾燥時間をとったはずなのですが、はがれてきてしまったり、中のプラが熱で膨張して、ブクブクとはみ出てきたり...

それを再度、接着したり、パテで埋めたりという作業を延々と続けておりました。

サフェーサーをふいたら塗膜に皺が寄ってしまった

おかげで、なんとか先月末のガンプラ合宿の時には、翼の加工が完了し、あとは、まだ途中だった小さなパーツの継ぎ目を消したり...

んで、とうとう昨夜、パーツ洗浄を終えて、本日、サフェーサーを入れました。

入れている途中で、ゲート後の荒れが見つかったり、まだ継ぎ目が消えきってないところがあったり、厚塗りになったところが、皺くちゃになったり(これ、板金塗装屋時代の経験から、ちょっと嫌な予感)しましたが、いずれもなんとかリカバリーしてサフ終了となりました。

さ、あとは本塗装ですが、これは時間かかりそうなのと、青、赤、黄色のパーツカラーを一度検討したいので、水曜日くらいまでの空いている時間で、テストパーツでカラーを検討して、木曜日にシフト休みがあるので、本塗装に入りたいと思います。

ふわぁ、早く完成させたいなぁ。

2013年7月29日 (月曜日)

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その6

SD ウイングガンダム ゼロカスタム

これまでのエントリー

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その0
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その1
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その2
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その3
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その4
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その5

気がつけば前回のアップから1ヶ月半も経ってる...

その閒にも、ちょくちょく進めておりました。

主に作業は主翼の作成に費やしております。小羽根をプラ板で作っているのですが、あまり薄くペラペラにはしたくないので、1mmプラ板を3枚重ねて接着し、3mm厚(翼先端の小羽根は4枚重ねの4mm厚)にしてからヤスリでひたすら削り出しています。

小羽根の削り出し

んで削ったら熱湯で曲げて表情出して...の繰り返し。トータルで14枚の小羽根が必要で1つの小羽根に対して複数回プラ板を切り出さなくちゃいけないので、途中が気持ちが折れそうになりペースダウンしているところもありました。

が、切り出しが昨日で終わりましたので、あとは次の週末まで乾燥させて、削り出し作業です。

先端の大きな小羽根は、真鍮線で接続し、ほかの小羽根は1.6mmのプラ棒を通して接続しています。

小羽根の接続

どうしても重量が主翼の先に集中するため翼がかなり重たく、バックパックアームジョイントのポリキャップではさすがに保持しきれず、どうしようかなぁ、と思案中です。まぁ、翼を支える治具を作ろうかな。動かして遊ぶわけじゃないし。

胸部のゼロシステムのレンズは、昔ユザワヤで買っておいたプラスチックストーンにしてみました。ちゃんと背面にメタリックテープが貼ってあるため、光をうまい具合に反射してとっても美しいです。これ大正解。

ゼロシステムにはプラスチックストーンを

手首をビルダーズパーツ MSハンド04の武器持ち手に変更しました。ディテールアップになっていい感じです。

マニピュレーターはビルダーズパーツに差し替え

さて、あとは小羽根が出来て主翼と接続できれば、まとめて表面処理して塗装、という流れになりますが...夏休みでできるかなー。。できれば9月のガンプラ合宿ではほかのキットを作り始めたいなぁ。

ひとまずここまでっ

2013年6月13日 (木曜日)

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その5

これまでのエントリー

【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その0
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その1
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その2
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その3
【ガンプラ】SD ウイングゼロカスタム その4

今日は休みだったので、ガッツリと進めてみました。

本体の状態

脚部の幅増しと主翼の曲げ加工は、どちらも片方しかしてなかったので、もう片方を加工しました。

前回の反省を踏まえ、主翼は切り欠きの部分にあらかじめプラ板を接着しておいてから曲げてみました。

プラ板かませてみました

結果、変なゆがみが出ることなく、きれいに曲がりました。

キレイに曲がりました

これで裏のパテは少なくてよさそうです。

副翼をどうしようかなぁ、と考えていたのですが、結局1/144のキットから流用することに。

ってことで、結局1/144のキットも購入。結果的に4コイチの改造になりそうです。
※最近、1/144は増産かけてないんですね。意外とどこも売り切れで...Amazonのマーケットプレイスで購入しましたが、送料を入れると定価をちょっとオーバーしちゃいました。。。とほほ。

▼バックパック

バックパック本体は、各キットのものを検討した結果、サイズ的にSDゼロカスのものがしっくりくるので、こいつを採用。
肉抜き穴があったのでパテで埋め。

バックパックと翼の接続

主翼をつなげるジョイントアームは1/144キットから。ポリキャップをコトブキヤのものに変更しています。

主翼が重たくて、ポーズの保持が難しいので、なにか補助パーツ的なものを考えないといけないかも...

▼胸部

首のダブルボールジョイントの加工だけでは、やっぱり顎が引ききれないので、思い切って胸部の上面を切り抜いてみました。

胸部を切り抜き

内部が見えるので真鍮パイプとステンパイプを使って、ちょっとしたディテールを追加しています。

これにより、顎を引く感じは完ぺきです。

顎を引く動作は完ぺき

上腕。肉抜き穴があるのでパテで埋めました。

肉抜きの埋め

また、アーム外側にある赤い小羽根を1/144から移植。無加工でもいけそうなので、このまま取り付けます。

▼アンテナ

プラ板で延長してシャープ化。

アンテナシャープ化

裏に肉抜きがあるんですよね。。埋めるかどうか迷い中。

あとは頭部側面のパーツ裏がぽっかり開いてたので、はじめはパテで埋めようかと思ったんですが、それだと面白くないので、エバーグリーンのクラップボードを切り出してディテールアップすることにしました。

頭部側面裏のディテールアップ

とまぁ、現在はこんな感じです。

今日現在の状況

この後の一番の大仕事は主翼につける小羽根の作成。数がかなりあるのと、ジョイントがないので、どうやってくっつけようかなー?という悩みが...うーむ

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム