カメラの勉強の最近のブログ記事

2013年5月 8日 (水曜日)

【カメラの勉強00】キレイなブツ撮りがしたい

Photoshopというツールを知っていると、たいていの写真は補正や加工でなんとかなってしまうので、ずっと後回しにしてきた「撮影技術」。

コンデジを使用していますが、たいていの場合、モードは常に「オート」。接写が多いのでマクロを多用するくらいです。

ISO?感度?f値?何それ、おいしいの?って感じです。

ですが、Photoshopによる画像補正というのは、少なからず画像を劣化させるので、補正しなくていいなら、それに越したことはないんですよね。
なので、自分の撮影技術を向上させたいと考えている今日このごろです。

相方に誕生日プレゼントにもらったデジカメ

カメラ得意な知人にいろいろ聞こうと思っても、先方が「これくらいは知ってるだろう」という前提で説明をしてくれるもんだから、かなり話がちんぷんかんぷん。

まぁ、基礎知識も勉強せずにいろいろ聞こうって方が間違ってるよね、ってことで自分でもカメラの勉強しようと思います。

ひとまずは、とりあえず現状撮影で困っていることを明確にして、

1.なぜその問題が起きるのか?(機材の問題/撮影技術や設定の問題?)
2.解決方法は?

ってな感じで進めていこうと思います。

インストラクターをやっている自分の持論として、

「『理解している』というのは、中学生でも理解できるように説明ができるレベル」

だと思っているので、一応、そうなるくらいまでは調べてみようと思います。

一眼レフとかミラーレスカメラじゃないとできない、ってこともあるかもしれませんが、現在持っているデジカメの機能をまるで使っていないので、まずはデジカメの機能を覚えるためにも、所有しているコンデジだけで解決できる方法を追及していきます。
※そうすることで自分のデジカメだと何が足りなくて、次回デジカメを買うときは何を基準で選べばいいのか見えてきそうなので。

 

では、今回は自分の撮影で困っていることをリストアップしていこうと思います。

1.撮影時に照明の光量が弱いとカラーノイズがひどくなる
2.1の問題を解決するために光量を上げると白い被写体(ガンダムとかね)のディテールが飛んでしまう。
3.マクロモードで接写をすると、被写体の手前と後方でピントがずれる

上記3点です。
それ以外にもちょいちょいあるんですけど、ひとまず困っているのが上記3点なので順番に調べていきます。

次回は「カラーノイズが出る原因とその対処法」って感じのテーマで調べてみましょー

プレミアム バンダイ
ガンダマー・ドットコム